2013年06月16日

野次馬じゃなくて野次魚

130616-a.jpg
琉金水槽の掃除をしてたら、上段のオランダ水槽のお魚どもがすっごい凝視してくるんですよー。
130616-b.jpg
エサくれダンスとはまた違って、ほんとじ〜っと見てくる。
130616-c.jpg
ポヨンヌちゃん、真正面の顔…w
130616-d.jpg
そして、ちびっ子たちも。
130616-e.jpg
なんだかおもしろい顔になってました。

(・◇・)(・◇・)< なにしてんですかー
130616-f.jpg
野次馬ならぬ、「野次魚」。

130616-g.jpg
琉金たちは琉金たちで、わちゃわちゃしてる。

130616-h.jpg
ずらりと並んですっごい見てくるお魚ども。
130616-i.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
ラベル:オランダ系 金魚
posted by ツカバラ at 20:39| Comment(2) | 金魚2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

老若オランダ近況

ゴハン後、ザルの中のちゅっぱタン。
130612-a.jpg
練り餌を給餌したあと、他の子が食べ終わるまでザルの中で待っててもらってます。
あと、こうしてるとちゅっぱタンの〇ンコチェックにもなるし…
とりあえず、食べてしばらくすると一定量にゅにゅっと出してるのでちゃんと消化出来てるのかな。
130612-b.jpg
肉瘤、元の色に戻ってきました。
やっぱ噛めなくて痩せてきてたっぽい?
130612-c.jpg
ザルの中で「BOO!(・H・´)」ってなってるぶんむくれ顔。

一方、先日オランダ水槽へ合流した2歳の3姉妹、
130612-d.jpg
びゅんびゅん泳ぐのでピント合わないんですが、珍しく3姉妹一緒に写った。
130612-e.jpg

130612-f.jpg
今週初めにもまた産卵があって、大きいおねいさんたちはザルの中。
おまえら元気だなー…。
130612-g.jpg
お兄さんたちと一緒にわちゃわちゃしています。
130612-h.jpg
正面顔かわゆい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

ラベル:金魚 オランダ系
posted by ツカバラ at 22:51| Comment(2) | 金魚2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

老けたかもしれない

何かここ数週間ほど、ちゅっぱタンの肉瘤が減ってきてるような気がしてて。
130609-a.jpg
肉瘤が部分的に白っぽくなって凹んでいってるみたいな。
130609-b.jpg
そんで、よく見てみると餌は要求してくるんだけど、噛む時に難儀そうにしてるんですよね。
130609-c.jpg
なんだか、歳とって歯が悪くなったのか噛む力が弱くなったのか。
130609-d.jpg
一時期、うすあじくんに追尾されてたので疲れも出てるのかも…

そんなこんなで心配なので、食事時にはちゅっぱタンだけ個室で練り餌のゴハンに切り替えてみました。

ピンセットから直に食べられるうえに、食べ終わると前に出てきて「もっと!(`・◇・´)」ってクレクレしてくるので給餌し易いです。
あと、一週間くらいしたら「カゴの中に入るとゴハン」って覚えたらしく、水中にカゴを入れると逃げずにそのまま入ってくれるようになりました。
あれ?ちゅっぱタン、魚としては鈍くさいけどひょっとして頭は良いんじゃね…?
それか、歳とって知恵がついたのか…。
130609-e.jpg
肉瘤の不透明になって減ってたところは、普通の半透明に戻ってきたような。
でもちゅっぱタンももう5歳だか6歳だかなので、寿命でお別れもそろそろ覚悟しておかないとなーとは考えさせられました。
そりゃぁ1日でも長生きしてくれたら嬉しいけれども。
そんなわけで、ちゅっぱタンのために毎日練り餌を練る日々です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
ラベル:金魚 オランダ系
posted by ツカバラ at 21:46| Comment(2) | 金魚2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

オタマジャクシがよりオタマジャクシらしく

いつの間にか孵化してたメダカ稚魚も、毎日見違えるほどに成長しつつあります。
130605-1.jpg
適度なグリーンウォーターでミジンコたっぷりだから、放っておいても大丈夫っていうか。

そして先日はまだ泳ぎだす前だったオタマジャクシ、
現在はこんなかんじ。
130605-2.jpg
まだ全長1cm無いくらいですが、オタマジャクシらしい形に。

これはボウフラ
130605-3.jpg

これはオタマジャクシ
130605-4.jpg
もうボウフラと間違うこともありません。
メダカ稚魚がもちょっと成長したらボウフラも獲ってくれるんだろうけど…もうちょっと辛抱。

一方、成蛙さんたちは庭のあちこちで見かけます。
130605-5.jpg
マダム・ルナイーの葉にくっついてたり、
130605-6.jpg
グレイドーンの花弁の間にハマり込んでたり、
130605-7.jpg
睡蓮の葉の上で鳴いてたり、
130605-8.jpg
薔薇鉢の縁に鎮座してたり。
アマガエルが常駐しだしたこの2年ほど、薔薇の樹の中ほどから根本にかけて芋虫を見かけることがぐっと減ってきた気がします。
かなり芋虫類を食べてくれてるようです。
枝先に飛来するようなゾウムシ等はあまり獲らないようなので、
こっちは蜘蛛類のお仕事だったり人間がテデトールしたり。
ただ、ホソオビアシブトクチバだけは、アマガエルたちの目も晦ましてしまうぐらいに巧く擬態しているようで
秋薔薇の蕾をごそっと喰われたりしてしまうので、晩夏あたりから真面目にサーチアンドデストロイするように気を付けています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:30| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

ビオにオタマジャクシがきた

ここのところの初夏の気候で、庭のあちこちでアマガエルさんを見かけるようになりました。
130603-1.jpg
薔薇の花弁の合間にジャストフィット。
130603-2.jpg
昼間は、外金魚タライの縁とか
130603-3.jpg
薔薇鉢の並べてある軒下の壁とかで、
猫が香箱を組むような恰好でじっとしてる(寝てる?)様子です。
130603-4.jpg
カメラで接写しようとするとじろりと睨まれてしまうw
薔薇・夜間飛行が傍に咲く睡蓮鉢でも…
130603-5.jpg

130603-6.jpg
ぷりっぷりの蛙さん。
130603-7.jpg
ところで一番容量の多いプラ舟、植え付け暫くして水が安定したらメダカを住まわせようと思っていたところ
130603-8.jpg
他の鉢から移した水草に卵が付いていたらしく、稚魚が産まれちゃいました、
こうなるとちょっと成魚をこっちに入れられないなぁΣ(゚∀゚;)
130603-9.jpg
現在こんなかんじ。
一時期グリーンウォーターが濃かったけども、大きいタニシを5匹ほど移住させたからか薄めのグリーンウォーターで推移中。
タニシは口でコケを食べるだけでなく、鰓で植物プランクトンを濾して食べる能力もあるそうです。すごいな!
130603-10.jpg
粉松球は本気の立葉が数枚出てきました。
一方の巨椋大黒は毎年スロースターター。
タマミジンコもたくさん涌いてる、と思って見ていたんだけど
130603-11.jpg
水を掬ってみたら、通常のタマミジンコより更に極小のミジンコが。
普通のタマミジンコじゃメダカ稚魚の口で食べられなさそうと思ってたけれど、
こういうもっと小さいミジンコを食べたりして育つんですね。

そして更に
130603-12.jpg
アマガエルのオタマジャクシが。
うちのビオ庭で初のアマガエル繁殖です。
最初ボウフラかと思って棄てるとこだった危ない…Σ((゚д゚;))
まだ泳ぎだす前でオタマジャクシらしくないけども、よ〜く見るとボウフラじゃなくて脊椎動物の形してます。
130603-13.jpg
この写真だと、まだゼリーの中に入ってるのがわかる。

ウシガエルのオタマジャクシは凶暴らしいのでノーサンキューですが
アマガエルのオタマジャクシならデトリタス食だし他の生き物と共存できるかな。
ミナミさんも、屍肉は食べるけど生きてるもの襲って食べることはよっぽど無さそうだし…
↓去年の蛙天国の図。
130603-14.jpg
去年は、近隣の田圃から上陸した蛙たちが庭に集まってきたわけだけども、
今年は庭産まれの蛙が上陸したらいいな、蛙天国になぁれヽ(*´∀`)ノ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:20| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。