2013年06月29日

トム・ブラウンの豪華な開花

忘れないうちに春の薔薇写真上げておきます。
130629-1.jpg
トム・ブラウン、新苗で買って2年目の春までは細くてひょろっとしたかんじだったんですが、
その秋以降もりもりと大きくなってきたので、今年の春は8→10号スリットへと鉢増しして植え付けました。
130629-2.jpg
咲きすすんでくるとピンクからオレンジに色変わりしてきます。不思議!
130629-3.jpg

大きい鉢になってより樹が大きくなったので、この春はほんと「たわわに咲いた」ってかんじ。
130629-4.jpg

130629-5.jpg
大きくなるまでに少し時間がかかるタイプのようですが、ある程度成長したら素晴らしい咲きっぷりを見せてくれました。
130629-6.jpg
上品なかんじの香り。ティー香かな…
新芽にちょっとうどんこきたけど、米ぬか撒いたら収まりました。
やっぱ樹に勢いがあると病気になり難い。
130629-7.jpg
樹は大きくなったけど花頸は細枝なので、開花が進むとティーローズっぽく俯きがちになってくるけど、それもまた風情。
130629-8.jpg
・Tom Brown : FL 1964年 ルグリース(英)
130629-9.jpg


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:12| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

つる薔薇いろいろ開花

130601-1.jpg
先週はつる薔薇が一気に開花していました。
130601-2.jpg
今年も鉄柵にこんなかんじで誘引。
130601-3.jpg
鉢薔薇で狭い範囲ながらも、一気に咲くと壮観。
130601-4.jpg
ラレーヌビクトリアがころんころん。
130601-5.jpg

今年は柵に誘引してみたマダム・シュバリエ(Mme. Chevalier)ですが、ブルボン系ながらかなり剛直な茎。
長く枝が伸びるんだけども、曲げて誘引しにくい。
130601-6.jpg
あと、大きい花で花弁数が多くてボウリングしてしまいがち、という…
他のブルボン系に比べて流行ってないんはこのへんが理由かなーと。正直扱い難い。
でも咲くと可愛いんだけどね〜。

くしゅくしゅふわっと開花して可愛い、バーバラ・ウオール(ファウンドローズ)。
ダマスク香がよく香ります。
130601-7.jpg
ハナアブさん来たり、
130601-8.jpg
何かの甲虫が居たり、
130601-9.jpg
花頸で蜘蛛さんが待ち伏せしてたり。
これもちょっとしたビオトープ。
カミキリムシとコガネムシは最優先でサーチアンドデストロイしていますが、
あとはまあ、ゾウムシや芋虫は見かけたら獲る程度、
オトシブミは放置(ブミられた葉は処分)
アブラムシも放置(ヒラタアブが産卵してくとそのうちつるっと食べてくれる)っていうかんじの
かなりゆるっゆるな管理のビオガーデンです。
130601-10.jpg

130601-11.jpg
ところどころ虫食いになりつつ、そこそこに咲いてくれるので
世間的なイメージほど薔薇は弱くもないし、農薬撒かなきゃ咲かないってことはない。

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 21:21| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

野生のルナイーさま

130529-1.jpg
去年の秋にじわりと大きくなってきたマダムルナイー。
130529-2.jpg
元が細枝なので、HTみたいな強剪定しないほうが良いんだよねたぶん…
130529-3.jpg
そんなこんなで、この春は弱剪定で10号鉢に鉢上げしたところ、ぶわわっと二回りくらい大きくなりました。
130529-4.jpg
あー、この内側にかけて濃くなってるピンクとふりっふりのフリルが堪らん可愛い(´д`*)
130529-5.jpg
枝が細いだけに、開花すると俯いちゃうんだけどねー
でもそれもオールドローズの味っていうか。
2010年夏に、時期外れセールで細い新苗買ったのが、こんなに大きく。
この春はむっちゃ健康なのか、うどんこ病ほとんど出てません(無農薬)
たくさん蕾がついた割には、ゾウムシに落とされた蕾も二つ三つくらい。
健康であるということは、病気も虫も寄せ付けないんですね…
130529-7.jpg

130529-8.jpg
Mme.Renahy:ハイブリットパーペチュアル、ギヨー(仏)、1889年
そんなわけで、むちゃパワーアップした貴婦人ルナイーさまでした。

ストロベリーアイスも開花最中。
130529-9.jpg
こっちは、照葉の新芽にうどんこが付きやすいので、樹勢は強めだけどちょっと難しい気が。
130529-10.jpg
でもこのカラフルピンクが愛らしい…


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 23:25| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

リバーシブルカラーのトライアンフ

ここ一週間くらいに、去年新苗だったトライアンフが一気に開花でした。
130525-1.jpg
蕾だと白っぽいけども、
130525-2.jpg
花弁の内側が赤い。
130525-3.jpg
あまり気温に左右されない、安定の鮮やかな赤色です。
130525-4.jpg

130525-5.jpg
Triumph:HT、コルデス(独)、1971
茎がしっかりしてるので、切り花としてもなかなか良いです。
香りは近くで匂うと若干ふわっと香るくらいかな…
130525-6.jpg
ローズ・デュ・ロイ(後略)と、トライアンフ
130525-7.jpg

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:56| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

紫色のニンバス

ボンヌイの一輪目が大輪で開花。
130523-1.jpg
Bonne Nuit:HT、Combe(仏)、1966
さすが黒薔薇という良い色だったんですが、その後急に暑くなったもんだから、
二輪目はローズレッドに赤くなってしまいました…。残念。
130523-2.jpg

一方エブタイド。
130523-3.jpg

樹がまだ小さいので房では咲いてないのですが、大き目の花が一輪づつ開花して見応えあります。
130523-4.jpg
青紫っぽく褪色してくのも風情があります。

130523-5.jpg
こちらは、ニンバス。
これもまだ本調子じゃなっぽく房咲きしてくれないんですが…
咲き始めは茶色味のあるパープルで
130523-6.jpg
開くにつれてパープルが強くなって
130523-7.jpg

130523-8.jpg
開ききると暖色のパープルに褪色していくという色の変わり様がとてもすてきです。
130523-9.jpg
Nimbus:FL、LEGRICE(英)、1989

ニンバスにしても、グレイドーンやトムブラウンも、ルグリースの薔薇って絶妙なグラデーション色ですごくいいと思うんですけども。
あまりいろんな品種が日本に入ってきてない、ていうか代理店がなくて最近の品種が入ってきてないってことなのかなぁ…

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

posted by ツカバラ at 22:34| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

薔薇の開花はじまりました

先日植えつけたスイートバイオレットも、新たに蕾が出てきて開花。
130518-1.jpg

ここ数日で次々に薔薇が開花してきました。
クリムゾングローリー。
130518-2.jpg
Crimson Gglory:HT、コルデス(独)1935
きりきりっと花弁が巻いてく剣弁高芯咲きカッコイイ。
130518-3.jpg
賞味二日間くらいで一輪が咲いてる時間は短いですけども、姿の美しさと
テラダマスク〜*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・* !!
っというくらいに感動する甘い香りがとにかくステキ。

クリムゾングローリーと、ローズ・ド・ロイ・ア・フルール・プルプレ。
130518-4.jpg
”Rose du Roi a Fleurs Pourpres ”ポートランド
なんでこんなに名前長いの…
130518-5.jpg
でもこの深〜い赤紫とちょいスパイシー系の良い香りがステキー。
130518-6.jpg

クリムゾングローリー&エヴタイド。
130518-7.jpg
まだ樹が小さいので房咲きにはなっていないけど、とても良い紫色。
130518-8.jpg
Ebb Tide:FL、ウィークス(米)2006
普段イメージする「薔薇の香り」とはちょっと違う、甘〜い香り。
「クローブに似たスパイシー香」というふうに表現されるけど、クローブ改めて匂ってみたことないなぁ。
なんとなくオリエンタルなイメージがするっていうか…
香りを言葉にするのって難しい。
130518-9.jpg
ともかく、ローズ・ド・ロイ(後略)やエヴタイド、まだ咲いてないけどニュイダリアンなどなど
濃い紫系の薔薇って香りが個性的なのかな??


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 21:08| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

ニュイダリアン咲いタ━(゚∀゚)━!!

秋のニュイダリアン開花しましたー。
121013-1.jpg

Nuit d’Orient HT,1985年,Pat "Paddy" Stephens/Steven(新西蘭)  

121013-2.jpg
鮮やかなローズレッドがたまらんステキ!
121013-3.jpg
花弁ぎっしりです。
121013-4.jpg
ローズ香にほんのりスパイシー??みたいなかんじの気がする…
121013-5.jpg
なんだかエブタイドやローズ・デュ・ロイがちょっと似た印象の香りなんですが、
濃い紫系薔薇の特徴かなにかがあるんでしょうか。

紫つながりで、エブタイド。
121013-6.jpg
春の新苗でひょろっとしてたのでまだあまり蕾がつかないですが。

Ebb tide FL,2006,ウィークス(米)
121013-7.jpg
コンデジではこの紫色が入りきらん!!っていうくらい綺麗です。
なんか写真に撮ると色褪せて写っちゃうな…

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 21:36| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

発掘薔薇写真(クリムゾングローリー)

新しいPCへの移行のどさくさで無くしちゃったと思っていた、
春のクリムゾングローリーの写真を発掘できました
わあい!ヽ(*´д`*)ノ
121008-1.jpg
あまり気温が上がらない時期だと、紫味の入らない深紅になってステキです。

左向いて〜、
121008-2.jpg
正面からーの、
121008-3.jpg
右向き〜。
121008-4.jpg
やっぱカッコイイなー。
冬の寒さには比較的強いんだけども、夏はかなり苦手っぽいので
鉢植えだと半日蔭とかに移動してやったほうが良いのかな…
休んでる時期とぶわわっと伸びだす時期で両極端なのでハラハラします。
横張で棘が細くてざくざく刺さるし…なので、簡単って言われてるほど簡単な品種ではない気もします。
でも好き!
一方マダムルナイーは、よく弱い弱いって言われてるほどには弱くないような。
夏に黒点病で丸裸になったこともないです。
単に新苗から無農薬で育てたので、うちのが頑丈になってるのかもだけど…。

最近の秋薔薇、ストロベリーアイス。
121008-5.jpg
超特価で買ったら、最初の年はうどんこで散々なことになってたけども、この秋は連続してぽつぽつと開花続いています。

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 20:52| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

秋薔薇咲き始めました

秋薔薇がいろいろと咲くような季節になりました。

やっと日焼けしなくなってきた、「シャトー・ド・クロ・ヴージョ」。
初夏にも咲いてたんですがすぐに日焼けしちゃってたんですよね…
121007-1.jpg
今春に「姫野ばら園」さんで購入しました。
Chateau de Clos Vougeot  HT,1908年,Pernet Ducher(仏)
濃厚ダマスクで良い香り。
現在スリット8号なのであまり横に嵩張らず扱いやすいです。
いわゆる「アーリーモダンローズ」なので茎は細めかも。
ワイン造りをしていた修道院(←超ざっくりと略してるので、詳しくはぐぐってください…)の名前から名づけられてるそうで、なるほど赤ワイン色です。
黒薔薇分類なので、もう少し気温が下がるともっと深紅に咲くといいなぁ…
121007-2.jpg
あまりお花ぱっかーんにならず、ぽってり丸い形のまま咲いてるところも魅力。

一方こっちは、「セブンスヘブン」。
121007-3.jpg

Seventh Heaven HT,1966年,Herbert C. Swim&David L. Armstrong(米)
今春の新苗だったので、まだちょっと花が小さ目かな…
121007-4.jpg
こちらもダマスク香で直立性っぽい形で扱いやすいです。
121007-5.jpg
クロヴージョとあんま違わんやん、って言われそうだけどwww
でも黒赤系薔薇好きなので、それぞれ愛でていきたいです。

マダムルナイーも咲きました。
121007-6.jpg
  Mme.Renahy ハイブリットパーペチュアル,1889年,Guillot(仏)

花弁ぎっしりひらひらで実に可愛いのですが、細枝なので俯いてしまって残念!
121007-7.jpg

ルナイーさまカワイイよ超可愛いよ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 21:06| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

春の薔薇写真、お蔵出し(マダム・ピエール・ユレール)

春のクリムゾングローリーの写真を撮ったはずなのに、新パソ移行のどさくさでデータ行方不明で悔しい( ;゚皿゚)キリキリキリ...

それはともかく、この春の開花のぶん、
マダム・ピエール・ユレール(または、マダム・ピエール・ユーラー)
Mme. Pierre Euler : HT 1907 仏・ギヨー作出、半直立性、強香ダマスク
120910-1.jpg
咲き始めはきりきりっと巻いてくるかんじ。
120910-2.jpg

120910-3.jpg

120910-4.jpg
だんだんカップっぽい形に。
120910-5.jpg
かなり大輪なんだけども、細枝のわりにしっかりしてます。
120910-6.jpg

この鮮烈なオペラピンウが、すっごく印象強いです。
120910-7.jpg
香りもとっても良いし大好き。

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 21:26| Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。