2013年06月07日

オタマジャクシがよりオタマジャクシらしく

いつの間にか孵化してたメダカ稚魚も、毎日見違えるほどに成長しつつあります。
130605-1.jpg
適度なグリーンウォーターでミジンコたっぷりだから、放っておいても大丈夫っていうか。

そして先日はまだ泳ぎだす前だったオタマジャクシ、
現在はこんなかんじ。
130605-2.jpg
まだ全長1cm無いくらいですが、オタマジャクシらしい形に。

これはボウフラ
130605-3.jpg

これはオタマジャクシ
130605-4.jpg
もうボウフラと間違うこともありません。
メダカ稚魚がもちょっと成長したらボウフラも獲ってくれるんだろうけど…もうちょっと辛抱。

一方、成蛙さんたちは庭のあちこちで見かけます。
130605-5.jpg
マダム・ルナイーの葉にくっついてたり、
130605-6.jpg
グレイドーンの花弁の間にハマり込んでたり、
130605-7.jpg
睡蓮の葉の上で鳴いてたり、
130605-8.jpg
薔薇鉢の縁に鎮座してたり。
アマガエルが常駐しだしたこの2年ほど、薔薇の樹の中ほどから根本にかけて芋虫を見かけることがぐっと減ってきた気がします。
かなり芋虫類を食べてくれてるようです。
枝先に飛来するようなゾウムシ等はあまり獲らないようなので、
こっちは蜘蛛類のお仕事だったり人間がテデトールしたり。
ただ、ホソオビアシブトクチバだけは、アマガエルたちの目も晦ましてしまうぐらいに巧く擬態しているようで
秋薔薇の蕾をごそっと喰われたりしてしまうので、晩夏あたりから真面目にサーチアンドデストロイするように気を付けています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:30| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

ビオにオタマジャクシがきた

ここのところの初夏の気候で、庭のあちこちでアマガエルさんを見かけるようになりました。
130603-1.jpg
薔薇の花弁の合間にジャストフィット。
130603-2.jpg
昼間は、外金魚タライの縁とか
130603-3.jpg
薔薇鉢の並べてある軒下の壁とかで、
猫が香箱を組むような恰好でじっとしてる(寝てる?)様子です。
130603-4.jpg
カメラで接写しようとするとじろりと睨まれてしまうw
薔薇・夜間飛行が傍に咲く睡蓮鉢でも…
130603-5.jpg

130603-6.jpg
ぷりっぷりの蛙さん。
130603-7.jpg
ところで一番容量の多いプラ舟、植え付け暫くして水が安定したらメダカを住まわせようと思っていたところ
130603-8.jpg
他の鉢から移した水草に卵が付いていたらしく、稚魚が産まれちゃいました、
こうなるとちょっと成魚をこっちに入れられないなぁΣ(゚∀゚;)
130603-9.jpg
現在こんなかんじ。
一時期グリーンウォーターが濃かったけども、大きいタニシを5匹ほど移住させたからか薄めのグリーンウォーターで推移中。
タニシは口でコケを食べるだけでなく、鰓で植物プランクトンを濾して食べる能力もあるそうです。すごいな!
130603-10.jpg
粉松球は本気の立葉が数枚出てきました。
一方の巨椋大黒は毎年スロースターター。
タマミジンコもたくさん涌いてる、と思って見ていたんだけど
130603-11.jpg
水を掬ってみたら、通常のタマミジンコより更に極小のミジンコが。
普通のタマミジンコじゃメダカ稚魚の口で食べられなさそうと思ってたけれど、
こういうもっと小さいミジンコを食べたりして育つんですね。

そして更に
130603-12.jpg
アマガエルのオタマジャクシが。
うちのビオ庭で初のアマガエル繁殖です。
最初ボウフラかと思って棄てるとこだった危ない…Σ((゚д゚;))
まだ泳ぎだす前でオタマジャクシらしくないけども、よ〜く見るとボウフラじゃなくて脊椎動物の形してます。
130603-13.jpg
この写真だと、まだゼリーの中に入ってるのがわかる。

ウシガエルのオタマジャクシは凶暴らしいのでノーサンキューですが
アマガエルのオタマジャクシならデトリタス食だし他の生き物と共存できるかな。
ミナミさんも、屍肉は食べるけど生きてるもの襲って食べることはよっぽど無さそうだし…
↓去年の蛙天国の図。
130603-14.jpg
去年は、近隣の田圃から上陸した蛙たちが庭に集まってきたわけだけども、
今年は庭産まれの蛙が上陸したらいいな、蛙天国になぁれヽ(*´∀`)ノ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:20| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

プラ舟植え付け

130514-1.jpg
先週は寒かったのに、急に初夏の陽気になってきました。
真っ青なローズマリーが開花中。
130514-2.jpg
あと、チャイブも開花中。
紫のポンポンで可愛い。

先週末ようやくプラ舟の植え付けも完了できました。
130514-3.jpg
タライ3個分なので、大量に土を練りねり。
タライ底に少し土を敷いて、元肥を施肥。
130514-4.jpg
去年作った固形発酵肥料に加えてバットグアノも。

タライの6割くらい土を詰めて、巨椋大黒の蓮根をin。
130514-5.jpg
今年の蓮根は良く太ってたんだけど、なんだかまっすぐな形をしていてですね…
一応タライの壁に沿って伸びてってくれると思うんだけども。
蓮根を埋め、表面に焼成赤玉土を敷きました。
蓮根の成長に伴いタライの土が盛り上がっていくので、植え付け時の土はタライの7分目くらいまでにしています。
130514-6.jpg
プラ舟の中に据え付けて、水を静かに入れていきます。
プラ舟全体に水を張るのは一番後でよくて、蓮の芽が萎れないようにタライいっぱいに水を張っておくだけ。
130514-7.jpg
巨椋大黒が一番大容量のタライ。
他のも同様に植え付け。

全部のタライの7割分ずつの量で土を練っておいたはずなんだけども、
最後のタライにはこんだけしか土が残りませんでした。
130514-8.jpg
さらさらに篩ってある土だから体積あまり変わらなさそうと思っていたけど、
水を入れて練ると、土の粒子が詰まるのか乾いた状態より体積減っちゃうみたいです。
実際にはタライの9割分くらいの土を用意してもいいくらいなのかも。
130514-9.jpg
足らない分土を足して最後のタライも植え付け。
水を静かに足してなるべく濁らないようにプラ舟を満水にします。
薪水なので、生体を入れるのはもうちょっと後…

130514-10.jpg
今日になって見たら、粉松球の芽が伸びて水上まで出ていました。
暖かくなって成長早まってきた!

毎年、粉松球より遅く伸びてくる巨椋大黒も、ゆっくり芽が出てきつつあります。
130514-11.jpg

GW中に植え替え済ませた河骨の鉢。
130514-12.jpg
河骨はまだ沈水葉ですが、元の鉢の水を使ったのでもう水質安定している様子。
こっちの鉢から少しずつプラ舟に水を足していくと、早く水が出来上がるかしらん…

↓去年は見かけなかったメーカーのが安かった焼成赤玉土


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 21:37| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

睡蓮植え替え(マンカラウボン編)

例年はGW中にビオの植え替え済ませていたんですが、今年はGW前半寒くって。
GWの後半になってようやく暖かくなってきたので、マンカラウボンの鉢と河骨の鉢を植え替えしました。

マンカラウボンの植え替えを写真撮ったので、手順をざっと簡単に記録。

去年からは園芸用黒土を用土にしています。
薔薇・果樹の用土を配合する時に一緒に黒土も買って、ふるいにかけてゴミとか大き目の土の塊は除けます。
除けた土の塊は果樹用土に混ぜて、サラサラの土をとっておいて水生植物用に使うかんじ。
↓ふるいにかけた黒土
130508-1.jpg
あと、黒土だけだと粘り気が足りないので薔薇・果樹用土の赤玉土をふるいにかけて出た「微塵」を取っておいて黒土に混ぜて使ってます。
↓赤玉土の微塵
130508-2.jpg

黒土:赤玉土=4:1くらいの比率。
全体量の1割くらいの量、ソフトシリカも入れてます。
130508-3.jpg
水を加える前に万遍なく混ぜまぜ…

最初の年の植え付けには荒木田土を使ったんですが、
そりゃもう硬いことったらなくって( ;´Д`)
土の塊を砕くのに肩を痛めそうなくらいだったので、荒木田土使うのはやめました…

翌年は、黒土&ケト土で植えてみたのですが、
ケト土が発酵するらしくてぼこぼこガスが出がちだったので、これも止めて。

結局現在の黒土&赤玉土微塵に落ち着きました。
混ぜるの楽、ってことで。
130508-4.jpg
そんなかんじで、どろどろになり過ぎないようにちょっとづつ水を入れて練ります。
130508-5.jpg
半割れ煉瓦とかで餅つきみたいにすると、手で直接捏ねるより楽。

10号浅鉢に植え付け。
130508-6.jpg
底穴はいらないので、用土の袋を切って敷いています。
去年作った固形発酵肥料を元肥に。
130508-7.jpg
練った土を固めに敷いて、球根の入るところを窪ませておいて、球根をIN。
ここからは素早くしないと空気中で芽が萎れてしまうので、大急ぎでの作業。
130508-8.jpg
土を足して球根が浮かないように埋めて、
130508-9.jpg
土の舞い上がりを少なくするために、焼成赤玉土を表面に薄く敷きました。
芽が乾かないうちに、水を張った睡蓮鉢に沈めます。

130508-10.jpg
植え付け三日後のマンカラウボン。
まだ夜間寒いので、葉が緑色になるのはまだまだ暖かくなってからと思われ…

今年はこの睡蓮鉢には、大きなヤゴが住み着いてしまい
大き目のタニシ以外の生体全滅でした…ので完リセット状態。
ヤゴは用水路へ放逐、プラ舟から水と生体を移して改めて立ち上げ。
もっとエビが増えてきたらコケとってくれると思うんだけども。
広い池なら兎も角、こんな数十リットルの鉢だとヤゴ一匹で生態系崩壊ってことですね
エビが全滅していたのでコケが減らずにえらいことになっていたです…
今年は気を付けてヤゴチェックしておかねば。

※ソフトシリカ、薔薇・果樹・ハーブ等の用土にも混ぜるのでいつも大袋で買ってます※


※黒土も水生植物以外の用土でいろいろ使うから、この春8袋くらいは使ったかも※



にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 18:09| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

実はたくさん咲いてた:「巨椋大黒」編

今年の巨椋大黒は、一つ二つとぽつぽつ蕾が出て順々に咲いていくというかんじでした。
去年は8月の初めの冷え込みで蕾が全部駄目になってしまったので、
それに比べると今年は普通に夏らしい天気で良かったのかな〜、と。
毛虫の大量発生もなかったし。
120919-1.jpg

120919-2.jpg
開きかけの花の中身。蝋細工みたいな質感です。
120919-3.jpg

120919-4.jpg
まさにロータスピンク!ってかんじの色が大好き。
120919-5.jpg

120919-6.jpg

120919-7.jpg

120919-8.jpg

120919-9.jpg
粉松球と違って中型〜大型の蓮なので、大きめのタライに植えないといけないのが難かも…
でも立派な花で香りも良くてほんとスバラシイんですよね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 20:27| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

実はたくさん咲いてた:「粉松球」編

120914-1.jpg
実は蓮もよく咲いてたんですよね。
120914-2.jpg
ただ真夏は朝の陽射しすら暑いもんだから、あまり写真を撮りに外に出なかったという横着さでですね…
120914-3.jpg
そんなわけで、粉松球。
120914-4.jpg
開花一日目のころっとした花の形がキュート。
120914-5.jpg
小型の蓮なので、直径30センチ無いような洗面器に植えても、そこそこ咲くには咲きます。
120914-6.jpg
予備水鉢として樽型プラ鉢で洗面器植えしたほうの蓮根でも、この夏5輪くらい開花。
120914-7.jpg
でも安定して咲かせるのと、来年に向けて蓮根を育てることを考えたら10号以上の容器に植えたほうが良いよね。
120914-8.jpg
メインのプラ舟ビオの粉松球は100均の洗い桶に植えてます。
今年は7月下旬から8月下旬にかけてぽつぽつと継続して咲いてくれました。
120914-9.jpg

※おまけ※
窓枠に住み着いてるアマガエルさんたち、
120914-10.jpg
何だか語り合うように向き合ってるシルエット。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 19:13| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

マンカラウボン 3輪咲き

120808-1.jpg
マンカラウボンが3輪同時開花しました。
120808-2.jpg

早起きなP・F・オパールとは逆に、かなり明るくなってからでないと開花しない品種なので
カメラを持って10分ごとにうろうろしながら撮影w
120808-3.jpg

120808-4.jpg
花上がりが非常に良くて、7月中旬くらいから週に2〜3輪くらいのペースで咲いてる気がします。
120808-5.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 07:33| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

ペリーズ・ファイヤー・オパール7月のまとめ

今年は5月に冷え込んで成長が遅かったペリーズ・ファイヤー・オパールですが、
7月になってからは葉の数も増えてぼちぼち開花続いています。
120803-1.jpg

120803-2.jpg

120803-3.jpg
マンカラウボンはほとんど香らないんだけど、P・F・オパールはとても甘い香りです。
蜜の匂いっぽい…??
120803-4.jpg

120803-5.jpg

120803-6.jpg

この時期はハグロトンボが、ひらひらっと沢山飛んでます。
120803-7.jpg
蜻蛉っぽくなく、蝶に近いような無重力チックな飛び方がとても好き。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 07:19| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

祝☆上陸!

120619-1.jpg
マンカラウボンの葉がぶわわっと増えてきました。
120619-2.jpg
蓮の立葉もそれなりに。
でもサルビニアがまだ全然勢いが出ない様子。
夜間冷え込んでるのかな…
120619-3.jpg
そしてぽつぽつと開花続けている薔薇の葉に、
120619-4.jpg
上陸したての子蛙さん。
耳の横の黒いラインが無いので、シュレーゲルアオガエルかしらん…
120619-5.jpg
普通サイズのアマガエルやアオガエルより二回りばかり小さいです。
でもこのつやぷりっとした質感がすごく可愛い。
求肥で出来た和菓子に似ている…
120619-6.jpg
こっちは、子アマガエルさん。
小さいながらも、ビオ庭でよく食べているらしくて、もちもちぷりんとしています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:06| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

立ち葉が出た

5月20日
120609-1.jpg
5月31日
120609-2.jpg
6月3日
120609-3.jpg

…というかんじで浮き葉が増えてきまして、
今日、6月9日こんなかんじ。
120609-4.jpg
巨椋大黒
120609-5.jpg
粉松球

蓮のほうはぼちぼちなのかな…?
5月の半ばにすっごく冷え込んだ時期があったので、P・F・オパールが伸び悩んでいるかんじ…

120609-6.jpg
レッドカラントが赤くなってきました。
でもちょっとしか実ってないから、サラダにちょっと入れるくらいしかとれないっぽいです。

青水効果か、マンカラウボンの鉢のメダカたちがぷりぷりに太ってます。
120609-7.jpg
鉢が黒いのでブチっぽいメダカばかり集めて入居させてみたんですが
120609-8.jpg
良いかんじに模様がはっきりして見えるかも。
120609-9.jpg

そして、庭のカエルさんたちもぷっくぷくになってきました。
120609-10.jpg
このぷっくり加減は、金魚のまるころっとした体系に通じる可愛さだと思う。
120609-11.jpg

燕も来た!
120609-12.jpg
とても近く、人間の頭上1mくらいの庇に来てます。
燕さんこんな近くで見るの初めて!


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 23:03| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。