2013年06月07日

オタマジャクシがよりオタマジャクシらしく

いつの間にか孵化してたメダカ稚魚も、毎日見違えるほどに成長しつつあります。
130605-1.jpg
適度なグリーンウォーターでミジンコたっぷりだから、放っておいても大丈夫っていうか。

そして先日はまだ泳ぎだす前だったオタマジャクシ、
現在はこんなかんじ。
130605-2.jpg
まだ全長1cm無いくらいですが、オタマジャクシらしい形に。

これはボウフラ
130605-3.jpg

これはオタマジャクシ
130605-4.jpg
もうボウフラと間違うこともありません。
メダカ稚魚がもちょっと成長したらボウフラも獲ってくれるんだろうけど…もうちょっと辛抱。

一方、成蛙さんたちは庭のあちこちで見かけます。
130605-5.jpg
マダム・ルナイーの葉にくっついてたり、
130605-6.jpg
グレイドーンの花弁の間にハマり込んでたり、
130605-7.jpg
睡蓮の葉の上で鳴いてたり、
130605-8.jpg
薔薇鉢の縁に鎮座してたり。
アマガエルが常駐しだしたこの2年ほど、薔薇の樹の中ほどから根本にかけて芋虫を見かけることがぐっと減ってきた気がします。
かなり芋虫類を食べてくれてるようです。
枝先に飛来するようなゾウムシ等はあまり獲らないようなので、
こっちは蜘蛛類のお仕事だったり人間がテデトールしたり。
ただ、ホソオビアシブトクチバだけは、アマガエルたちの目も晦ましてしまうぐらいに巧く擬態しているようで
秋薔薇の蕾をごそっと喰われたりしてしまうので、晩夏あたりから真面目にサーチアンドデストロイするように気を付けています。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村
posted by ツカバラ at 22:30| Comment(0) | 睡蓮鉢ビオトープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。